iPhone画面を守るガラスフィルムの種類・メリット・役割を知る!!

皆さんは自分のiPhone画面をどのように保護していますか?ここでは、iPhone画面の保護に最適なガラス製保護フィルムについて色々お届けします。是非、保護フィルムを購入する参考にして下さいね。

保護フィルムの必要性とは?

ガラスフィルム,iphone ガラスフィルム

iPhone画面は、本来特殊なゴリラガラスが採用されており、とても艶やかで綺麗な画面です。しかし、画面に傷が付いてしまう事によって、画面の美しさや綺麗さは半減してしまいますよね。基本的に、iPhone画面には傷を防止するコーティングも施されている為、ちょっとした事では画面に大きな傷が付く事はありませんが、大きな衝撃がiPhoneに加わった場合には、その衝撃が原因となって大きな破損に繫がります。そうなると、iPhone画面は傷付いたり欠けてしまったりする可能性が十分にあります。
とは言っても、普段の生活の中で普通にiPhoneを使用する際には、特に大きな傷が付くような事は余りありませんよね。ですが、毎日のようにiPhoneは携帯して持ち歩く為、使用中にふと誤ってiPhoneを落とした経験がある方も少なくありません。必ず保護フィルムを画面に貼らなくてはいけない決まりはありませんが、そのような時に大事なiPhone画面を守ってくれるので、安心・安全に普段使いする事ができます。

保護フィルムとの違いとは?

ガラスフィルム,iphone ガラスフィルム

保護するフィルムには、ガラス製とフィルム製の2タイプのフィルムがあります。ガラス製保護フィルムは薄いガラスフィルムが特徴で、傷や割れなどに対する衝撃にとても強くなっており、iPhone本体の画面損傷をしっかり防止してくれます。一方、保護フィルムは、フィルム自体は薄くiPhoneケースとの併用でもかさばらない良さがあります。ですが、通常使用での小さな傷は守る事ができても、大きな衝撃や摩擦などには弱く、保護フィルムとしては性能が高いガラス製が人気で主流になっています。

ガラスフィルムが選ばれる理由とは?

ガラスフィルム,iphone ガラスフィルム

現在、iPhone保護フィルムは、ただ固くて透明なだけのフィルムではなく、様々な機能や効果が付け加えられてパワーアップしています。遮熱効果、デザイン効果、飛散防止効果、防犯効果、UVカット効果、目隠し効果などあったら嬉しい機能が色々付いており、性能が大変良くなっています。フィルム製には無い優れた性能が色々あり、画面を守る他にも様々な価値のあるフィルムとなっており、ガラスフィルムを使用する方は増えています。これだけ性能良く保護効果も硬いガラスフィルムであれば、iPhoneを長持ちさせる事ができたり、いつまでも綺麗な状態で使用できたりする事が人気の理由となっています。

ガラスフィルムのメリットとは?

ガラスフィルム,iphone ガラスフィルム

通常フィルムより耐久性に優れている

フィルム製保護フィルムは、保護フィルムでもリーズナブル価格で販売されていますが、その分耐久性は低い事が特徴として挙げられます。なので、フィルムの硬度面に関しても、パンツのポケットに入れていただけでも傷が付く事も珍しくありません。
一方、ガラス製保護フィルムは、優れた耐久性を持っている為、傷が付きにくく破損が軽減されます。

スマホとフィルムの間に気泡が入りにくい

ガラス製保護フィルムは、フィルムが板状で水平なのでiPhoneに貼りやすい特徴もあります。皆さんも一度は保護フィルムを貼る際に、気泡が入ってしまった経験をされた方もいるのではないでしょうか。気泡が入る原因には、フィルムとiPhone画面が水平で無かったり、保護フィルムに凸凹ができやすかったりする事で生じます。しかし、ガラス製保護フィルムは板状になっているので、画面と水平な状態を保つ事ができる為、粘着面をスマホ画面に正確に置けば、気泡も殆ど入らずに自然と貼る事ができます。なので、今まで画面保護フィルムを貼る事が苦手な方でも、綺麗にフィルムを張る事ができます。

iPhone画面を強度性で守る

ガラス製保護フィルムは、例えば、鋭利な物で突いたり引っ掻いたりしても、強度性が高いので画面破損を防止して回避します。なので、iPhoneを落とした際によくある画面への衝撃を緩和する事ができ、強い衝撃を万が一受けてしまっても保護フィルムが画面を守ります。しかし、フィルム製保護フィルムになると、フィルムを突き破ってスマホ画面本体にダメージが生じる事もあるので、ガラス製保護フィルムの方が強度に優れており優秀です。

フィルム汚れを軽減する

フィルム製保護フィルムでは、フィルム汚れを拭き取っていてもベタベタ感があったり、細かな傷が付いたりする事がよくあります。ガラス製保護フィルムの場合は、綺麗にフィルム汚れを拭き取る事ができるので、画面が濡れたり色が付着したりした際も、画面に跡が残る事はありません。

ガラス製保護フィルムは透明性が高い

スマホ画面の美しさを活かすのであれば、ガラス製保護フィルムの方が抜群にオススメです。フィルムには、素材や硬さなどに大きな違いがあります。ガラスフィルムは主な材料がガラスなので、表面はスマホ画面と同じ手触りになっています。その為、スマホに触った時も違和感もあまり無く、滑らかな質感になっています。また、フィルム製保護フィルムのようにフィルムが曲がる事が無いので、フィルムに凹凸が出にくかったり、保護フィルムを貼る際も気泡が入りにくかったり、フィルムの活用が簡単で便利になっています。


ガラスフィルムの選び方のポイントとは?

ガラスフィルム,iphone ガラスフィルム

画面の見やすさを重視

スマホを携帯して野外使用が多い方であれば、日光の下でスマホ画面を見る頻度が多いと思います。その際に、スマホをそのまま見ても画面が見にくいですよね。そこでアンチグレアコーティングのガラスフィルムが役立ちます。蛍光灯の下では少し白く見えますが、直射日光を反射しにくくなっており、画面を見やすくしてくれます。

光沢や透明感を重視

主にスマホを室内使用で、動画・画像・写真などをより鮮明に見たい方には、光沢タイプや透明感のある保護フィルムはオススメです。ガラス製ならではの透き通った見栄えなので、画面の見やすさは抜群です。

指紋防止加工

基本的にガラス製保護フィルムと言うのは、本体画面と同様の滑らかな指触りが特徴です。しかし、滑る感じが苦手な方もいますよね。指紋防止加工は指紋が付きにくいフィルムになっているので、指紋が気になる方にはオススメです。最近は、自分で指紋加工できるアイテムも販売されており、指紋防止加工をセルフで行っている方も増えています。

覗き見防止

例えば、仕事で公共交通機関をよく利用される方もいます。その際に、隙間の時間で会社資料などを確認する事もあると思いますが、周りの視線と言うものは気になるものです。そのような方にオススメになっており、この保護フィルムは正面からiPhoneを見た時以外画面確認する事できないようになっています。なので、一定角度以上の視野からスマホを除いても、自分の画面の中身を周りの人に見られる事はありません。覗き見防止になるので、プライベート情報をしっかり守る事ができます。

強化ガラス

一度は誰でもスマホを落とした経験があると思いますが、iPhoneの画面が割れた際の耐久性は気になるものです。なので、そのような方には高耐久性の強化ガラスはオススメです。強化ガラスは丈夫な造りのガラスなので、ちょっとの衝撃では画面が破損する事はありません


まとめ

今回は、iPhone画面のガラス製保護保フィルムについて色々とお伝えしてきましたが、いかがでしたか?ガラス製保護フィルムは、傷が付きにくい事はもちろん、操作性を追求したものや画面の鮮明さに特化したものなど、フィルムの種類は沢山あります。自分のスマホライフに合ったガラス製保護フィルムを選んで、長くスマホを使用できるよう画面を守ってあげましょう。